| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

たゆた日記


こっそり 更新中
ブログ
って意味合いからは矛盾するけど
『平成遺産』
0


    平成の終わり、2019/03/05に発行されたこの本の中で武田砂鉄氏は語る


    《この1,2年ほど、有名人が大きな決断を表明するたび、「平成」というカテゴリをいたずらに背負わされている。》と

    SMAP解散についても
    《事務所内で起きたイザコザを「平成」にまで膨らませる大仰さが、そして横柄さが、結果的に組織の中で潰される被雇用者の痛みを強めてしまったのではないか。》

    《平成の終わりではない、グループが解散に追い込まれただけである。》


    だから、

    《時代をまとめてかたるときに、躊躇(ためら)いを持ちたい。》と。



    うん。
    忘れずにいよう。



    他にも
    ブレイディみかこ氏『ロスジェネを救え? いや、救ってもらえ』にも大きく同感

    《ロスジェネの定義は1970年〜1982年に生まれた約二千万人。社会に出るときがバブル崩壊後の就職氷河期と重なり》《そのため、派遣、契約社員などの不安定な雇用を余儀なくされた人々》 《現在でも非正規で働いている人がとても多い》


    最近、このロスジェネ世代を雇用する動きも見えてきたが懸念も感じる

    昨今はやたらとどこでもが新人に“即戦力”を求め過ぎる

    人間は生身だ。
    コンピューターでもないし、youtubeみたいに編集済みの動きなど出来るわけがない。

    上司もウッカリさんが多いのか、
    自身の新人時代のことはすっかり忘れて今の自分と同じだけの働きを求める。

    wwwwwwwwwwwww


    ブレイディみかこ氏は続ける。
    《ロスジェネ世代という眠れるパワー》は《そこに存在している。》
    《これまで冷遇されてきたからこそ、教育投資を受ける機会さえ与えられれば、彼らの能力の伸びしろは他の世代より大きい。》

    《40代でぴかぴかの新人としてデビューしたって全然おかしくない》そんな《寛容な社会をつくる突破口になるかもしれない。》

    《苦労してきたロスジェネがいろんな業界にもっと進出すれば、彼らは経済弱者に優しいシステムの必要性を肌身で知っているので、ダイレクトに世の中を変える原動力になる。》と


    ニートやひきこもりをつくったのは本人のこころの弱さなどではなく自分たち社会だと、もう気づかなくてはいけない

    否、本当は気づいているはず

    政府の大きな舵取りはもちろん不可欠だけれど、私たちにも出来ることがある

    ・人には得意なことと、不得意なことがあるということ
    ・何かが出来ないとき、それはわざとじゃないと思えること
    ・どうすると上手くいくのか、何度も話合うこと

    それでも失敗続きの人がいてイラついたとき、〈じゃあおのれは完璧か?〉と問うてみてほしい

    「俺は完璧だ。」と豪語する人ほどそうではない場合が多い

    後からおのれの不出来に気付いたとき
    もう恥ずかしすぎて居たたまれなくなるだろうよ


    by ヨシタケシンスケ


    もう、これに尽きますな

    |18:40| おすすめの本 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by たゆた - -
    『動物の世界』日本の民話 1
    0



      『動物の世界』日本の民話 1
      巻頭を飾るのは北海道アイヌの昔話

      『動物の始まり その1 太陽とからす』

      〈遠いむかし。天空は深い闇に包まれていた。地上にはじめて太陽が上がろうとしたとき、巨大な悪魔は、太陽をひとのみにしようと待ち構えていた。
      悪魔は知っていた。すべての生命に、光と熱がいることを。太陽が万物の育ての親であることを。〉

      〈さてここに、世界の創造主カムイがいた。カムイは悪魔のたくらみを知って、彼をだますために無数のからすを造り出した。からすの羽毛は、悪魔の支配する闇の世界と同じ色をしていた。〉
      そうして、からすは世界を救い
      〈天空も、地上も、光にあふれ、光に輝いた。〉〈すべての生命がこの世に生を受け、海にも陸にも生物があふれた。〉

      〈地上に住みついたアイヌは〉〈太陽を救ったからすのことを忘れない。〉
      〈たとえからすが、大胆であつかましく、傍若無人にふるまおうと……。〉
      〈アイヌは今でもからすを敬い、からすのために木幣(イノウ)を供えている。〉


      アラスカの自然の営みを撮った写真家の故星野道夫は
      アラスカインディアンとアイヌの繋がりを語っていた

      彼の友人のアラスカインディアン達も
      カラスを神とし讃えていた

      奄美ーアイヌーアラスカ

      そして
      モンゴルーチベットーイヌイット

      争うことを嫌う人々(モンゴロイド)は
      住みやすい土地を追われ
      辺境の地でひっそりと暮らしている
      |21:17| おすすめの本 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by たゆた - -
      『妖怪と人間』日本の民話 7
      0


        鬼の話は四国・東北・北海道に多く
        やはり黒潮に乗った外国人説が
        私の中でさらに強くなる

        また、東北の語り口がつと素晴らしく
        読んでいる最中も、読後もため息が

        〈おしょうさんは、そういうと、その納豆を餅にくるんで、ぺろりと食べてしまったと。
        はい ごちそうさま 〉『食べられた山姥』

        他の地方の語り口も美しく面白く

        〈ある月のよい晩のことだったそうな。〉と美しく話は始まり
        座敷わらしは〈トタトタと駆け回り〉
        〈とろりと青い命の淵は兄弟を誘い込むように不気味にたたえられている。〉と描写する。

        〈風は吹きだす。雨は振りだす。しまいにはひょうまでが、音を立てて降ってき〉〈そのうちに、風がごうっと吹いたかと思うと、屋根をどろどろ踏み鳴らして、叫ぶ声がし〉〈やがて、その声も遠くなった。すると、空はかりっと晴れて、もとのように、かあかあした月夜になった。〉と物語は進む

        オノマトペ秀逸

        鬼の話には嵐のシーンがたびたびあって
        〈北の海は荒れていた。朝も、昼も、夜も、どうん、どどうんと、あい色の波が打ち寄せては砕け、打ち寄せては砕けていた。〉
        〈山々の木は、すすきが穂を振るように、激しい風に吹きなびき、雨は滝となって流れ、崖が音をたててくずれ落ちた。大岩も、まりのようにはずんで落ちて行き、遠い谷間で音をたてた。〉

        そして小鬼の目からは〈でっかい涙がころがり落ち〉
        〈しかし鬼は、ずぶり、ずぶりと海へはいって行〉き〈波は、狂ったように押し寄せ〉〈鬼は、口結んで進む、波はぶちあたる。鬼は進む、波は鬼の目を、口を、鼻を、ふさぐ。〉が〈長い道を歩き続けて来た疲れに耐え切れず、とうとう、すさまじい波に足をさらわれ、どうと倒れてしまった。しかし、倒れながらも、鬼は小鬼をおぼれさせまいと、二つの岩に乗せた小鬼を差し上げ、そのまま、ずぶずぶと、海に姿は見えなくなっていった。〉
        〈小鬼は泣いた。泣いて泣いて、泣き疲れて、そのまま岩になった。〉

        と、村人のために切なく身を投げ出す鬼もいれば、
        自分の名前を当てて欲しくて

        〈「うんにゃ、違った」「うんにゃ、違った」「似とる、その名と似とる。もう、ちいとじゃ」〉と〈身を乗り出して、はアはア息をつ〉く、そんな愉快な鬼も。
        この物語の中では主人公の大工に
        〈腕のいい人間の大工に、ちゃんとした名があるように、鬼にだって名はあるのだ。おれはそのことを少しも考えていなかった……。〉
        と言わせている

        そう、鬼も山姥(やまんば)も人と同じではないかと

        そんな山姥が、餅を届けてくれた村のばさまに振る舞う熊の澄まし汁の美味しそうなこと
        〈そこで、いろりの火をどんどん燃やし、でっかい鍋に熊の澄まし汁こさえ、餅入れて食った。まず、そのうまいこと〉

        熊なのに澄まし汁
        どんだけ新鮮か
        どんだけ美味しそうか


        くぅぅ〜
        |06:25| おすすめの本 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by たゆた - -
        『あるかしら書店』
        0


          いつ読んでも楽しい
          ヨシタケシンスケ『あるかしら書店』


          『カリスマ書店員養成所の1日』



          『文庫犬』



          『本のつくり方』



          『本のその後』



          ええわぁ
          |21:50| おすすめの本 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by たゆた - -
          『神々の物語』『妖怪と人間』
          0




            瀬川拓男(人形劇団太郎座主宰、民話研究家、絵本作家)と
            元妻の松谷みよ子(あかちゃん絵本ベストセラー『いないいないばあ』作者)が手掛けた日本各地の民話の再話集

            その語り口も
            丸木夫妻の挿絵も素晴らしく
            話の内容にもわくわく


            子どもが学校図書館で借りてきてくれたのだが、最近のチョイスが絶妙に秀逸

            いつも、ありがとね
            |06:10| おすすめの本 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by たゆた - -
            『新美南吉 童話選集 5 』より『一枚のはがき』
            0
              『一枚のはがき』
              見開き5頁(ページ)足らずの小作品ながら
              新美南吉童話選集の最後を飾るにふさわしい

              今回、南吉の作品をずらりと読んでみて思い知ったこと

              善人と悪人、田舎者と都会の子、金持ちと貧乏などを対比させ淡々と語ることで
              世の中の理不尽さや、それが蔓延(はびこ)ってるのが“現実”なのだと伝え続けたのが新美南吉なのだと

              その表現の場を“童話”に定めたのも
              “力なき小さい人たち”に、この理不尽極まりない世の中に対峙する力をつけて欲しくてなのだろう

              自身が幼い頃に大人の都合に翻弄された体験、大人の狡(ずる)さや欲にまみれた醜(みにく)さ、田舎から都会へ出たときに受けた感情、敗北感や焦り

              十四、五で文学に目覚めた南吉は、本来持つ洞察力に加えきっと自身を取り巻く世界を“作家の目”で見つめていたのだろう

              そして、二十一の若さで不治の病に侵され、
              けれど幼い頃に生母を亡くした南吉にとって“死”は“生”の傍(かたわ)らに常にあるものだったのではないだろうか

              だからこそ“突然とも思える死”を
              こんなにも淡々と描くことが出来るのだと思う

              この『一枚のはがき』はその極み

              〈おてての白いかわいい〉子が、人形や時計や電気スタンドなどの置かれた〈うつくしいつくえ〉で書いた一枚のはがき
              東京に暮らす女の子は、そのはがきが遠い北海道まで本当に届くのか心配をします
              けれどお母さんは言うのです
              〈ロンドンへだって、パリへだってだせばゆくんですもの。〉〈北海道くらいなんでもないわ、〉と

              そのたった一枚のはがきを届けるため〈おてての白いかわいい〉子とそう変わらない小さな手を持つ少年が、病気になった配達夫のお父さんのかわりにまだ深い雪の残る山の中へと入っていくのです

              〈うつくしいつくえ〉で手紙を書き〈やわらかいベッドのなか〉でお母さんのお話を聞きながら眠るのがその女の子の日常なら

              〈こおった風は眼にあたるとなみだをださせ、手にあたると指を赤くふとらせ、耳にあたるとそれをちぎってゆくようにいたませる〉厳しい山の雪道をたった一枚のはがきのため配達へ行くのも この少年の日常

              〈山の上に黒いふろしきのように夜がかむさってき〉て、〈夜といっしょに、かすりのような雪が空いっぱいにふってき〉たのを見たのが少年の最後の景色だったのか
              ……

              何度も読み返してわかってるつもりだったけど、書き起こしてみると
              こんなにも苦しい

              |06:59| おすすめの本 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by たゆた - -
              『新美南吉 童話選集 5 』より『花のき村と盗人たち』
              0


                『花のき村と盗人たち』
                昨日まで錠前屋や大工だった盗人の弟子と
                その親方が交わす会話がまるで落語のよう

                人はもちろん猿からでさえ嫌われて〈長いあいだ、わるいきたない心でずっといた〉盗人の親方が
                この美しい花のき村で初めて人に信用され、うれし涙をながし、子どものとき以来の〈うつくしい心〉となります

                ーーーーーーーーーーーーーーー
                みんなが自分をきらっていたのです。みんなが自分を信用してはくれなかったのです。〈中略〉ひとに信用されるというのは、なんといううれしいことでありましょう。……
                ーーーーーーーーーーーーーーー
                これはちょうど、あかまみれのきたない着物を、きゅうに晴着にきせかえられたように、きみょうなぐあいでありました。
                ーーーーーーーーーーーーーーー
                長年盗人として嫌われながらも生きてきた親方の、生まれ変わるきっかけとなったシーンがこちら
                ーーーーーーーーーーーーーーー
                「この牛、持っていてね。」
                かしらがなにもいわないさきに、子どもはそういって、ついとそばにきて、赤い手綱をかしらの手にあずけました。
                ーーーーーーーーーーーーーーー

                ともすれば、何かと劇的に表現しがちなこのようなエピソードを
                草の上にでもそっと置くように書くのが南吉の南吉たる所以

                芥川と太宰の違いみたいだ

                ーーーーーーーーーーーーーーー
                四人はうつむきがちに、歩いていきました。かれらはかしらのことを考えていました。よいかしらであったと思っておりました。よいかしらだから、さいごにかしらが「盗人にはもうけっしてなるな。」といったことばを、まもらなければならないと思っておりました。
                ーーーーーーーーーーーーーーー

                盗人としてずっと人に嫌われ続けていた親方にも救いがあるし、四人の弟子達にも明るい兆しを感じるシーン

                何かとひねくれ要素の入る南吉童話には珍しく
                “人とは信じても良いものなのですよ”と最後までずっと言い続けるお話なのでした
                |06:55| おすすめの本 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by たゆた - -
                『新美南吉 童話選集 4 』より『和太郎さんと牛』
                0
                  なかなかの問題作なんではないかと思う『和太郎さんと牛』

                  さて、内容は…

                  和太郎さんはたいへんよい牛を持っていると皆に評判

                  それはよぼよぼで、空車を引いてさえぜいぜいいうくらい年取った牛であるけれど
                  酔っていつも寝込んでしまう和太郎さんを
                  毎回きちんと台車に乗せて家まで連れて帰ってくれるから

                  というほのぼのとした話だけかと思いきや
                  年老いた母の事を親身に思えない嫁を
                  穏やかに、けれどぴしゃりと離縁する場面あり
                  酒に酔って行方不明になってしまう和太郎さんの大捜索や
                  嫁は要らぬが子どもは欲しい和太郎さんが天からとも思える子どもを授かる場面ありと
                  なかなかてんこ盛りな内容

                  そんな中にも南吉独特の美しい描写がいくつもあり少し抜粋を
                  ーーーーーーーーーーーーーーー
                  百姓ばかりの村には、ほんとうに平和な、金色(こんじき)の夕ぐれをめぐまれることがありますが、それは、そんな春の夕ぐれでありました。でそろって、山羊小屋のまどをかくしている大麦の穂の上に、やわらかに夕日の光がながれておりました。
                  ーーーーーーーーーーーーーーー
                  そのうちに、年とってすすびた柱時計は、しばらくぜいぜいと、ぜんそく持ちのおじいさんのようにのどを鳴らしていてから、長いあいだかかって、十一時を打ったのでありました。
                  ーーーーーーーーーーーーーーー

                  美しい

                  けれど、改めて内容を書き起こしてみると
                  嫁は要らねが後継は欲しい
                  とか
                  前触れもなく嫁をすっぱりと離縁してしまう辺りとか

                  ちょっとサイコじゃね?
                  と私なんかは思ってしまう

                  この時代あるあるなんかなぁ
                  |06:05| おすすめの本 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by たゆた - -
                  『新美南吉 童話選集 4 』より『おじいさんのランプ』
                  0


                    『おじいさんのランプ』
                    最近、子どもの国語テストの問題になっているのを見た

                    南吉の作品は、戦前に書かれた物とは思えないほど
                    今でもみずみずしく美しく
                    けれど華美ではなく感傷的過ぎず
                    かつキレイな日本語で綴(つづ)られているので
                    確かにテスト問題にしやすいんだろな

                    この『おじいさんのランプ』は
                    南吉の生前に唯一出版された童話集のタイトルにもなった作品で
                    電気が村々へ普及する頃のランプ売りのお話

                    自分の生活だけではなく自尊心や生き方さえも肯定してくれていたランプを
                    もうランプの時代ではないと、月夜の池のほとりの樹々にすべてあかりを灯(とも)して吊るし
                    自分の商売を終わりにするシーンは圧巻

                    月明かりだけがしんしんと降る中
                    ランプの薄氷のようなガラスが割れる音が耳にも胸にも突き刺さる

                    何かをあきらめ
                    幕引きをした事のある人には余計に響くかも

                    私もかつてのお商売を辞めた時の気持ちがよみがえってしまった

                    南吉は、情景や〈想い〉さえも
                    映像のように表現するのが本当に巧みです

                    最後におじいさんは孫に
                    ーーーーーーーーーーーーーーー
                    「自分の古いしょうばいがお役にたたなくなったら、すっぱりそいつをすてるのだ。いつまでもきたなく古いしょうばいにかじりついていたり、自分のしょうばいがはやっていたむかしのほうがよかったといったり、世の中のすすんだことをうらんだり、そんな意気地のねえことはけっしてしないということだ。」
                    ーーーーーーーーーーーーーーーー
                    と〈意気のあらわれた顔〉で言うのであった

                    ほんと
                    過去の栄光にしがみついてダラダラ生き続けている会社の亡者に聞かせえてやりてえぜ、、まったく。
                    |06:25| おすすめの本 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by たゆた - -
                    『新美南吉 童話選集 3 』より『ごんぎつね』
                    0


                      『ごんぎつね』
                      新美南吉の代表作
                      教科書にももう長いこと掲載され続けている名作

                      わりとカラッとした文体に油断してると
                      最後にやられてしまうぞ、要注意
                      ーーーーーーーーーーーーーーー
                      兵十は、火なわ銃をばたりと、とりおとしました。青いけむりが、まだつつ口からほそくでていました。
                      ーーーーーーーーーーーーーーー
                      この、ぐったりと目を瞑(つむ)るごんの脇に立ち昇る〈青いけむり〉の描写、
                      これだけでもう一遍の映画を観たよう

                      これもなんと、
                      南吉18歳のときの作品


                      改めてこんなにたくさんの南吉作品を読んでみて、子どもの私がどうしてこの作家に惹かれたかがわかった


                      人は基本残酷な生き物だと思っているので
                      昔も今も、夢ゆめした話が苦手。
                      子どもの頃は特に「通りゃんせ」などの短調な調べが心地よく、甘美にさえ感じていた。
                      金子光晴や三好達治、山頭火でも特に
                      寂しい作品に惹かれる。

                      〈哀しさ〉こそ本物だと思っているのかもなあ

                      冷たく澄んだその〈哀しさ〉を
                      白い毛のぽかぽか生えたきつねの小さい手がすくい取って差し出してくるような
                      そんな南吉の作品が好きでしょうがない

                      |06:25| おすすめの本 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by たゆた - -
                      | 1/60 | >>
                      LATEST ENTRY
                      ARCHIVE

                      (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.